2023.1.31



 

ゲノム編集生物として実用化するためには、最終産物から外来遺伝子を取り除いて「遺伝子組換えではない」ことが、国内では2019年2月に環境省から公表された規制ルールで決められています。

では、どのように外来遺伝子を取り除いていくのか詳しく解説していきます。

 



参考リンク


  • 企画/解説/イラスト/担当者:笠井 誠(農研機構)
  • 編集協力者:農研機構企画戦略本部新技術対策課