それでは、体の設計図、つまり遺伝子から、みなさんの体はどうやって作られるのでしょうか?

人間の体の成分(せいぶん)をみてみると、大部分が水分で、次に多いのが「タンパク質」です。肉、卵や大豆といった食べ物にたくさん含まれるタンパク質は、体の中でアミノ酸に分解されて、それがまた体内でつながって必要なタンパク質になります。

人間のタンパク質は、20種類のアミノ酸がひも状につながってできています。いろんな種類のタンパク質を作るために「アミノ酸をどうつなげれば良いのか」。じつは、遺伝子に書かれているのはこの情報なのです。