動物は、植物が作った糖やデンプンを食べて、体温を一定に保(たも)つ、手足を動かすなどのエネルギーに変えます。
糖からエネルギーを取り出すためには酸素が必要なので、呼吸(こきゅう)をして体にとりこみます。

植物は自分の体を支えるためにも、糖をつないで使っています。
木がもえる時には空気中の酸素が糖とくっついて、光と熱のエネルギーと、二酸化炭素に変わります。
動物が、糖をエネルギーへ変えることと、にていますね。