遺伝子という設計図にしたがって、アミノ酸がつながったタンパク質ができ、そのタンパク質が細胞(さいぼう)を形作り、その細胞が合体して体のそれぞれのパーツとなって体が作られる・・・こうした体を作る仕組みは、わたしたち人間だけのものではありません。すべての生き物に共通した仕組みなのです。

 

なぜ、すべての生き物は、体を作るための同じ仕組みを持っているのでしょうか?
それは、それぞれの生き物の親を代々たどっていくと、おなじ祖先(そせん)にたどり着くからだと考えられています。つまり、生き物はみんな同じ祖先から生まれたいわば兄弟姉妹といってもいいのです。