植物は葉っぱから空気中に酸素(さんそ)をはきだします。
人間や動物は、その酸素をすって二酸化炭素(にさんかたんそ)をはきだしています。
植物は、その二酸化炭素を太陽の光と水と一緒に使って、エネルギー源になる(とう)などを作ります。
糖からはデンプンやその他の栄養分が作られます。

こうして空気中の酸素と二酸化炭素が、植物と動物の間で行き来をすることで、地球上のすべての生き物はバランスをとって生きています。

では、次にその植物はどうやって糖や酸素を作っているのか、見てみましょう。