このように、ほしい形や性質形質がうまく組み合わさるように、ちがう形質(けいしつ)を持つ親をかけあわせることを交配といいます。
交配によって品種改良がうまくいくかどうかは、ぐう然にたよることになります。